葛飾区東四つ木の小児科、内科 平木こどもクリニック

03-5671-0577
東京都葛飾区東四つ木1-20-2
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

 

ホーム»  熱中症予防

熱中症を予防しましょう!

熱中症は、運動や暑熱から起こる体の障害の総称です。
熱射病(ねっしゃびょう)や日射病(にっしゃびょう)と呼ばれているものは、
重症の熱中症のことです。

 熱中症は、軽症の熱けいれん、中等症の熱疲労(ねつひろう)、
重症の熱射病の3つに分類されます。

 症状は、頭痛や疲労感を主とすることから、俗に「暑気あたり」といわれる状態や、
筋肉がこむら返りを起こす熱けいれん、脱水が主体で頭痛や吐き気をもよおす熱疲労、
体温が40℃を超え、意識がなくなる最重症の熱射病までさまざまです。

 応急処置はどうするか

基本は以下の3つです。

(1) 休息
 体を冷却しやすいように衣服をゆるめ、安静にします。

(2) 冷却
 涼しい場所で休ませます。風通しのよい日陰、クーラーの効いた部屋に移動します。
また、氷嚢(ひょうのう)、氷塊などで腋わきの下、首のまわり、脚の付け根などを冷やし、
血液循環を通じて体温を早く冷まします。

(3) 水分補給
 意識がはっきりしていれば、水分補給(スポーツドリンク)を行います。
意識障害や吐き気がある場合は、医療機関での輸液が必要で、救急車を呼んで至急医療施設へ搬送します。

※ 特に、高齢者は、のどの渇きを自覚しなくても、こまめに水分補給することが、大切です。